仕事で愚痴る

新人

投稿日:

私の会社には、入社2年目の新人がいる。

2年目なので新人という呼び方はどうかとも思うが、彼の下には後輩がいないし、雰囲気は入社当時のまま、ほんわかとした人なので、まあいいだろう。

その彼、今どんな仕事をしているかというと、毎日のように、アンケートのデータ入力。

回収されたアンケート用紙を見て、それを画面に打ち込んでいくっていう、単純な仕事。

彼の席は私の背中側なので、パチパチとタイプ音が聞こえていると、
ああ、やってんだな・・・
って思う。

音がやむと、
ああ、さぼってんだな・・・
って、思う。

こっそり振り向くと、ネット・サーフィン。
何やら仕事とは関係のないサイトを、ご閲覧。

ちゃんとチェックしている、やな先輩(笑)。

私が新人の時は、サボるとさとられるんもいやで、何かかしら仕事を探していたものだが・・・まあいい。

で、サボる彼。
不真面目かというと、そうではない。
(と、私的には思う。見る人が見ると完璧不真面目の烙印だろうが)

だって、彼がこっそり息抜きに見ているサイト、大抵は、
「Wikipedia」
で、調べているのは戦国時代の武将がどうやら古戦場がどうとか、そういうのなのだ。

そういえば大分昔、今は辞めたあの新人、彼の息抜きは「洋物・金髪」のお色気(エロではない)サイトだった。
奴はほんとに、しょうがない奴だった。

彼に比べれば、ほんとに今の彼は、まじめ。

「東京の神田の古書街で古文書を購入して、それを読み解いたり、家紋を研究するのがライフワーク」
とも。以前に話していた、飲み会で。

だから、歴史とか伝統とか、町並みとか人情とか、現代によって町づくりとか、そんな興味の連鎖で(プラス不運で)、うちの会社にお世話になろうとしてきたのだろうな。

あんたの活躍を祈ってるよ。
(ちびまるこちゃん風に)

-仕事で愚痴る

執筆者:

関連記事

no image

気を取られ

会社を出て、まずは富山大学に行ってから魚津のお客さんのところへ行く順番だったのだが。 しかし、魚津のお客さんのところで起きている難しいトラブルのことを考えながら車を運転。 結果、富大に寄らずに、先に魚 …

no image

疲れやすいのは

昨日は年度末の仕事に追われ、夜の8時30分まで仕事をしていた。 相当疲れた。 当然、すごすごと帰った。 しかし、残っている同僚の顔色はまだ明るい。 で、 「みんな元気だな、俺は疲れやすいな、弱いな」 …

no image

偶然

さるホテルであった「IT経営応援隊in富山事例発表セミナー」に、スタッフとして参加しました。 あれ? 私の席の横に座った方・・・どこかで見たことがある。 セミナー終了後に声をかけてみる。 と、やっぱり …

no image

出所を知る

私の会社が入っているビルのオーナーは、産廃業者さん。 ついさっき人に聞いて知ったのだが。 ビル1Fの入り口付近にある、高そうな石灯籠や石仏・江戸時代の道標・・・これらはすべて「元・廃棄物」だったそうで …

no image

体験教室

今日行ったお客さんのところでは、小学生を招いて高岡銅器の体験教室を開いている。 いいなあ。 うちの娘も参加させたいなあ。 (学区的にムリだが) ついでに父も。 最近、地場産に興味が向いている父。