IT仕事 Shopify

難解なAPIを使わずにShopifyの注文データをAccessに取り込む

投稿日:2021年10月12日 更新日:

Shopify側

・Matrixfyアプリをインストールする。
・Matrixfyはデモプランでも最大10件ダウンロードできる。スケジュールタスクは何個でも作成できるので、例えば、コンビニ知らはい、銀行振り込み、代引きの3つのタスクを作れば、最大30件を一度にダウンロードできる。
・Matrixfyの設定により、定期的に注文ファイルをアプリ用のWebフォルダに作成してくれる。例えば1時間ごとに生成するようにする。リンクはランダムな英数字混じりになっているために容易に推測されないものになってはいるし、たしかShopifyアプリのディレクトリは外部から検索できないようになっているので、ある程度安全性は高いと思う。
・例えば自分のリンクは「・・・export_order_d.csv?job=69934904&kind=exported」となっているが「?」以降は省いて「・・・export_order_d.csv」とする。こうしておかないと、最新状態が取得できない。

参考:
Shopify(Matrixify)でスケジュール化したJobのキャンセル – Home and Abroad

PowerShell側

・Shopifyのダウンロードリンクを、ファイルとして保存するPowerShellの処理ファイル(例えばGetCsv.ps1)を作る。
・処理ファイルには、Shopify(Matrixify)の定期更新で生成される注文ファイルを、指定フォルダにダウンロードする処理を書く。自分は、社内のファイルサーバのディレクトリを指定した。

参考:
windowsのコマンド(DOS/PowerShell)でファイルをダウンロードする方法について | あいしんくいっと

Access側

・上記で作成したPowerShellファイル「GetCsv.ps1」をAccessのフォームに配置したボタンで呼び出すことで、CSVが最新化されるようにする。
・自分はそのCSVファイルをリンクテーブル化し、他の処理でクエリから呼び出して利用している。

参考:
【VBA】PowerShellファイルを同期実行する | 現場で使える! Excel/VBA実践ガイド

それにしてもすごいぞ、Matrixfy! 最近、Matrixifyが神に見えてきています。

-IT仕事, Shopify

執筆者:

関連記事

no image

joomla

仕事でjoomla(CMS)を使おうと画策中。 最初はとっつきにくいと思ったが、アレコレ触ってみるとすごくいい。 しかしWebの情報はMTやXOOPSに比較して少ない。 (日本語情報が、だけど) 作る …

Office365にはSharePointリストという表データが保存できる機能がありAccessのリンクテーブルにできる

Office365では、AccessのWebアプリを作れる。 それで今、勉強しているのだが、Office365にはSharePointリストという表データが保存でき、それをAccessのリンクテーブル …

no image

Limesurvey 表示される日本語をちょっと変更した

ひっさびさにlimesurveyを触ることになったけど、だいぶ忘れている・・・。 ボタンに表示されている日本語を変えるだけなのに、あのファイルこのファイルひっくり返し、最後にLC_MESSAGESフォ …

no image

a8

A8.netのa8matのプラスのあとの引数。 2番目が主サイト・副サイトの区別、4番目が素材タイプということはわかった。

Excelワークシート上にフォームコントロールを配置する際のコツ

コントロールとセルのリンクを作るのは、あとにする。 リンクを作ってしまうと、それをコピペしたときに連動してしまい、リンクを解こうとするとコピー元も解かれてしまい、とにかくすごく面倒なことになる。 別シ …