IT仕事

シャトル

投稿日:

今日で閉店。
WindowsXPが発売された年にオープンしたから、2001年末ごろだったかな。
10年たって店じまい。
お客さんが少なかった。というより、富山の中心商店街の歩行者が少ないので、仕方ない。
時代が変わったのに、それについていけなかったのだから、しょうがない。
もっと早くに何とかする手もあったが、偉い人は取り合ってくれなかったのだから、諦めるしかない。
後釜は建物壊してエステ屋が入るのだそうだから、かっこがつく(by偉い人の言)。

昨日は、従業員の一人に先日チョコをもらっていたのでそのお返しをしたかったのと、最後に写真を撮っておきたかったのと、自分の残したデータを削除したかったのと、私物の引取りの必要があって、ちょっとだけ顔を出した。

建物に入るときに、トーリンさんと会った。
彼は開店当初からのお客さんで、YMCAに勤めるアメリカ人で、いつも陽気でユーモアがあり親切でな人だった。
「明日で終わりだって?」「次の仕事は見つかっているのか?」なんて話しかけてくれた。
「今までありがとうございました」「仕事はあるので心配要らない。ありがとう」なんて答えて、握手をして別れた。熱い手だった。

店に入って挨拶をし、色んな用事を済ませたところで、前に働いていたサエキさんが子供を連れてやってきた。明日で閉店だと聞いてちょっと寄ってみたのだそう。
彼女が辞めたときは出産間近のとき。いま子供は3歳と1歳の2人。元気そうだった。
そういうのを見ても、あらためて年月がたったなあと。

今年は、社長に禁じられたので、月1回くらいしかここで仕事をしなかったが、私にも寂しい気は起こった。

いい思い出よりはいやな思い出が多く、理想からは程遠くて、無関係な人間から馬鹿にされたり、一部のお客さんから怒られたり、従業員同士でもトラブルがあったり、しかしそれを乗り越えられたりできなかったりはあったけど、投げ出さずに、せめてそれだけはと、がんばってきたことは、確固として自慢してもよいくらいのことで、胸を張れる。

形は何も残らなかったけど、一部のお客さんからはホントに愛されていたし、ファンも付いていたし、あんなに敵多し味方少なしの状態の中、殺されるでなく老衰で死ねたことには、天に感謝すべきなのかもしれない。

空しさはあるが、最悪の結果の二つ三つ前の結末に落ち着いたことは、現場の人たちとお客様の力。きっと。

来週から仕事を探すパートの人たちには済まない気持ちがある。
なにかしてやりたいが、今はなにもしてあげられない。
つくづく不甲斐ない自分に嫌気。

強くならねば。

-IT仕事

執筆者:

関連記事

no image

フリースポット

仕事で宿泊施設。 公衆無線LAN構築を提案、いい感触。 個人的興味の深い仕事に、よし今度こそはと。

no image

自分のサイトに埋め込みしたGoogleマイマップの中心位置カスタマイズは不可

Googleマイマップが新しくなってしばらく経つ。 お客さんのサイトに埋め込んで便利に使わせていただいていたのだが、本日、困ったことを発見した。 地図の中心位置をカスタマイズできない、のだ。 以前のマ …

no image

ファイルサーバにコンピュータ名で接続できない

入れ替えをした会社NAS(ファイルサーバ)に、自分のPCと同僚のPCの2台について、コンピュータ名で接続できない。 一方、IPアドレスでは、接続できる。 他の数十台のPCでは問題なくこれまで通り接続で …

no image

改行文字の置換 まとめ

○強制改行をExcelで置換 検索側:[Ctrl]キー+[J]キー(何も表示されない) 置換側:任意 ○改行をWordで置換 検索側:^13(「ワイルドカードを使用する」にチェックをつけておく) 置換 …

no image

秀丸で再感動

秀丸で、ソート。 数字を一桁二桁の区別なく数値的に並べ替えしてくれるのは便利。 上・中・下の文字は下・上・中の順になるのは惜しいがそれでも十分便利。 hidemarnet explorerで、FTP先 …