気になったニュース

胴体着陸

投稿日:

昨日の夜は遅く帰ってきたからニュースも見れなかったけど、朝、新聞で、大きな事故があったのを知った。
http://www.asahi.com/photonews/TKY200703130065.html
全日空機の胴体着陸。

新聞では、機長を称える記事が多くて、「冷静沈着」とか「的確な判断」とか、評してある。

俺もすごいと思う。
自分なら、ああは行かない。

きっと、機体を側転させながら着陸・・・とか、上下逆にして着陸・・・とか、管制塔にグサッとか、やってしまうだろう。
そして伝説を作ってしまうだろう。
年末恒例の今年の事件とか、ビックリニュースとか、珍プレー集とかで、繰り返し放送され、名を知られ有名になってしまうだろう。

なにしろ、焦ると何をしでかすか自分でもわからない男の中の男。

よかった、機長にならなくて。

-気になったニュース

執筆者:

関連記事

no image

疎水百選

長い歴史や優れた景観を誇る全国の「疎水(そすい)百選」に、富山県内から十二貫野用水、常西合口用水、鷹栖口用水(砺波平野疏水群)、舟倉用水が選ばれた。農林水産省が二日、百十カ所を発表した。 用水っていう …

no image

富山県の出火率15年連続で全国最小

昨年一年間の富山県の出火率(人口一万人あたりの出火件数)は2.46となり、15年連続で全国最小だった(消防庁まとめ)。 一日あたり0.8件の火災が発生した計算になる。 出火件数は二百七十五件で、前年よ …

no image

失恋休暇

【ファンキー通信】腫れたマブタに失恋休暇 – livedoor ニュース http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1112603/deta …

no image

とやま産業観光ガイド

富山商工会議所が観光産業を紹介するパンフを作った。 名称: とやま産業観光ガイド 内容: ・産業観光マップ ・産業観光モデルコース ・産業観光各施設 ・とやまの産業の歴史 ・富山めぐりをより楽しむアク …

no image

「文久の大行燈」復活 福野夜高祭前夜祭

明治中期まで福野夜高祭で練り回されていた高さ約十二メートルの「文久の大行燈(あんどん)」が三十日夜、約百年ぶりに南砺市のJR福野駅前を巡行した。 伝統復活にかける有志がよみがえらせた行燈が、明々とした …