仕事で愚痴る

鶴の恩返し

投稿日:

週末の土日は、出勤である。

相変わらず、講習会の仕事は続いている。
それにしても今まで、何百人に教えたことやら。

「私はあのセミナーで、お世話になったものでございます。」

「パソコンスキルを活かして会社を興し、今では年商一億円を達成するまでに成長しました。」

「今の自分があるのは、ひとえにあなたにパソコンを教えてもらったからです。」

「御礼をしたいのですが・・・小切手を白紙でお渡しします。お好きな金額を書いてくださいな。」

「私もそろそろ引退を考えております。わが社で社長として働いてもらえないでしょうか。」

そのうち、こんな人、現れないだろうか。

そういえばこの間、私がいないときに、知らない会社から私に電話がかかってきていたそうだ。

もしや・・・。

妄想。

-仕事で愚痴る

執筆者:

関連記事

no image

建築VSソフト

建築をやっている人と話をする機会があった。 最近のマイブームが建築な私は、 「建築はいいですねえ。魂を込められて。ソフトウェアなんか冷たいですよ。ひたすら理性ですよ。温もりがないんですよ」 と、私が言 …

no image

・・・

曖昧は無責任のこと。 会社がどうの周りがどうのと言う前に自分のことを述べよ。

no image

仕事始めはこんな感じ

年が明けて、昨日が初出勤。 初詣におせちにゲーム・漫画と楽しかった日々は終わりを告げ、とうとう働かなくてはいけなくなった。 悲しい。 せめてもう1週間待ってはくれないだろうかと消費者金融にうっかり頼っ …

no image

のし

愚痴じゃないんだけど、仕事場でこんな事があった。 よく和菓子の包装で、箱の上に「のし」のようにして紙が巻いてあるが、あれってなんて名前か? 作っているWebにその名前を書かなくちゃならなくなって、同僚 …

no image

想像して言っているんだから、見ましたよねとか聞きましたよねとかそう言って確認することができない。 想像しましたよね。 それがどうしたってなってしまう。 非協力を標榜していて何がコンサルタントだと言いた …