IT仕事 MS Access

Excelで使える祝日判定のWebAPIを見つけた

投稿日:

Excelの関数には、曜日を判定できる関数(WEEKDAY)が用意されている。また、表示だけなら書式設定でもできる。しかし祝日となると、関数も何も、用意されていない。
祝日は年により、突然増えたり、「来年からは第〇週目に変更」などとなったりするので、対応が難しいのであろう。

それでも何か方法がないかと「excel 祝日」などでGoogle検索すると、Google Calendar API を利用する方法がトップに出てくる。
見つけた時はうれしかったが、よくよくページを見てみると、コードが恐ろしく長く、また随所に使いにくい部分が出てくる。

さらに簡単な方法がないか探して、やっと見つけた、サンプルサイトが、以下。

国民の祝日チェック

上記のサイトでは、祝日判定のWebAPIを提供している。
ブラウザのURLに、http://s-proj.com/utils/checkHoliday.php?kind=h&date=20170503 をコピペしてEnterキーを押すと動きが分かるが、末尾の8桁の数字でもって祝日かそうでないかが、シンプルかつエレガントに分かるようになっている。

その仕組みを使わせていただいて、ExcelVBAに取り込んでみたのが、こちら。Accessでも使える。
実際に使う際は、Debug.Printしている部分を、セルに入れたり、テキストボックスに代入したり、することになろう。

Sub httpRequest()
' 祝日判定
' 国民の祝日チェック <http://s-proj.com/utils/holiday.html>

Dim HttpReq As MSXML2.XMLHTTP60
Dim DomDoc As MSXML2.DOMDocument60
Dim targetURL As String

targetURI = "http://s-proj.com/utils/checkHoliday.php?kind=h&date=20170503" '20170503部分を任意の数値に

'HTTP GET
Set HttpReq = CreateObject("MSXML2.XMLHTTP")
HttpReq.Open "GET", targetURI, False
HttpReq.send (Null)

Set DomDoc = CreateObject("MSXML2.DOMDocument.6.0")
DomDoc.LoadXML (HttpReq.responseText)
Debug.Print HttpReq.responseText

Set HttpReq = Nothing
Set DomDoc = Nothing

End Sub

いいものが見つかって、うれしい。
作者さん、ありがとうございます。

-IT仕事, MS Access

執筆者:

関連記事

no image

Pythonでpipを実行してpyautoguiをインストールしてみた

以下のブログにあることをやってみたくて、 (python3.6)pyAutoGuiでアプリを操作するプログラムを作ってみた – 楽するプログラマ 以下のような、おまじないで。 C:\Use …

no image

PSPでスライスツール

以前に覚えたのだがいざ使う段になると忘れていた昨日。なのでメモ。 1.Photoshopでガイドラインを引く。 2.スライスツールを選択し、ガイドラインの角から対角線を引くように選択。 3.続けて切り …

no image

Accessのフォームでテキストボックスに入れた値を次回オープン時の既定値として自身に保存するには

ちょっとだけ苦労した。 次回もきっと使うことがあるだろうから、メモメモ。 現在の値を変数に入れておく(これをしておかないと、次の処理でデザインビューに切り替わるために入力した値も消える)。 フォームを …

no image

・・・

山を登り終えたら、海に潜って、空を飛べ・・・みたいな仕事(もちろん比喩)が連日続いていて、クタクタ。 この他に、メール読んだり書いたり、スケジュール確認やら優先順位の組み直しやら、社内の指示やら伝達や …

no image

秀丸マクロで、HTMLの幅と高さを削除する

正規表現を使い、さらにスペースや文字数に配慮すればするほど、わかりにくいコードになる・・・もうちょっと改善の余地があるのかもしれないが、自分のスキル的にココまでが限界。 replaceallfast …