PowerAutomate

PowerAutomateDesktopでCSVのテキスト置換・重複除去・リストで保存

投稿日:

やりたかったこと

  • WebからダウンロードしたCSVから、受注番号が入力されている1列目のみ取り出し、前後の不要な数字や記号部分を除き、さらに重複を除き、CSVに保存。

PADでつくってみて苦労したことなど

  • データの検索・置換をするにあたって、重いExcelを使いたくなくて、データテーブルで何とかならないかと考えて調べてみると、できることがわかった。
  • データの重複を除くには、Excelのように行全体を残すことができたらベストだったけど、今回の要件では、1列目だけ残ればよいので、OKだった。
  • リストをそのままCSVに保存すると、カンマ区切りの横(列)方向へ展開された状態で保存される。カンマの無い、縦(行)方向への展開を望んでいたのだが、その方法がなかなかわからなくて、苦労した。単にカンマを改行コードに置換しただけではダメ(次処理のCSV保存でエラーになる)で、さらにリストにしてから保存することで、やっと望む形になった。

これまで、データの検索・置換・重複除去部分は、Googleスプレッドシートで関数をかませつつ手作業でコピペしたり、Excelマクロを作ったりを経て、最近はCassavaマクロを使うことで安定していた。

けど、今回のPADを使うと、Webダウンロード-加工-アップロードが一貫してできるので、将来の見通しが明るいなと。

ただ、ノーコードツールとはいっても、思ったように動かなくて、数時間トライ&エラーして目が疲れてくるところは、コードでやっていた昔と変わらないね。

-PowerAutomate

執筆者:

関連記事

Power Automate DesktopでCSVTableから重複行を削除する方法2つ

簡単なほう 1.最初の行から最終行まで「正順」にファイルを読んでいく2.直前と直後の行の、1列目のセルに相違があれば別ファイルに書き出す。3.重複を除いたファイルが「別名」でできる。・・・ってやりかた …

PADの正規表現を使った置換方法の一例

例えば、33-108083-5118085890242という文字列の中から、真ん中の108083を取り出したいとする。 1.最初のやり方(Like検索的な考え) 前方一致検索&置換と、後方一致検索&置 …

Power Automate を使ってGmailの本文をチャットワークに通知する

自分用のメモ。 やりたいこと:Gmailの件名に「在庫」を含むメールのみ、チャットワークに本文を流す。 困ったこと:テストのときに、HTTP_Webhookのアクションで、タイムアウトのエラーが出る。 …

Power Automate Desktopでダイアログでのファイル選択完了判定

今回Power Automate Desktopで、やりたかったこと: (人間が作業)Webブラウザからファイルのアップロードするダイアログボックスで、ファイルを選択してOKボタンを押すところまで。( …

PowerAutomateDesktopでダウンロードフォルダを指定する

意外と、Webの記事にダウンロードフォルダの指定の仕方について書いていないので、ここにメモ。 1.特別なフォルダを取得2.そのフォルダの文字列うち、最後の単語をDownloadsに置き換え ・・・とい …