Shopify

ShopifyのMatrixifyアプリを使って一部の注文データをFTPに保存する

投稿日:

まずは、Matrixifyアプリを開き、NewExportボタンを押す。

Optionsに入り、Results FileのUpload toで、Add New Serverを選択。

Settingsパネルに移動するので、そこでServersにFTP情報を入力する。自分の場合Server TypeはFTP/FTPS、Portは入力無しにした。

ポイントは、HostはIPアドレスで記入し、さらにそのあとに、保存したいディレクトリのパスを追記すること。

ここに書いたパスは、Saveすると画面から消えるけども、ちゃんと保存されている。パスワードも同じように画面から消えてしまう。ここのところは制作者さんがUIを何とかしてほしい。心配になってしまうので。

Backボタンを押して前の画面に戻る。Upload to のセレクトボックスをクリックすると、先ほど追加した設定が追加されているので、それを選択。

もし、定期的に作成するファイルの内容が「同じなら上書きしないように」したかったら、Do not generate Results file if there is no dataにチェックする。自分はそうしている(スクショではクリックし忘れてるけど)。

出力のFormatはExcelかCSVが一般的と思うが、CSVだと自分の場合、後続の処理で何か問題(文字コード関係か、データ中のカンマの扱いの難しさか、PowerAutomateDesktopとの連携のしやすさか等)があったので、Excelが無難と思う。

Sheetsでは、出力したい項目と、フィルタしたい条件を設定する。自分の場合は、オープンになっていて、かつ一部入金済みの注文のみ、知りたかったので、そういう条件にした。お好みで調整。

実行時間を定期スケジュール化できる。Shopifyにログインしていなくても勝手にダウンロードできるので、すごく便利。自分は1時間ごとにしている。

Exportボタンをクリックすると、FTPへのダウンロードが始まる。無料のDemoプランでも、それほど時間がかからなかった。数件が出力対象なら、待ち時間は5秒くらいだったかな。ちなみにDemoプランでは出力のMAXが10件。それ以上出力しないなら上位プランの契約が必要。

まとめ

FTPの設定が良くわからずに時間を食ったけど、それ以外はスムーズにできた。

もし、今後、機能を増やしてくれるなら、Googleスプレッドシートを直接読み書きできるようにしてもらえたら、ありがたい。

-Shopify

執筆者:

関連記事

Arigato AutomationのヘルプにChatGPTが搭載された

Shopifyで使っているアプリ、Arigato Automation。毎日、便利に使っている。このたび、備考欄に書いたある文字について、置換をしたいというニーズが出てきた。きっと、Replaceの関 …

Shopifyでも見積書を無料で作れるよ

Order PrinterっていうFree(無料)のアプリがあるから、それを使えばいい。 テンプレートがHTMLタグなので、それを直さなくてはならない。タグを知らない人にはちょっと辛いかもしれないけど …

Shopify(Excelify)の注文データをQNAPにSFTPで送るのに苦労した話

ここ最近、Shopifyというオンラインショップのサービスについて調べている。 注文後の処理データを現状の業務ソフトにスムーズに渡したいのだが、よい知恵が浮かばない。 APIを使うには自分のスキルが足 …

Shopifyでアプリなしで配達時間指定のみを実装する

スタッフから配送時間を選べるようにして欲しいと要望があったので、検討するところから、スタート。 まず、使う前に期待していたShopifyのメジャーアプリ「配送日時指定 .amp」なんですが、試したとこ …

no image

Shopifyで注文に付けたタグが消える(日本語の場合)

手入力でタグ付けしても、アプリでタグ付けしても、日本語はダメ。気持ち悪いのは、一度、日本語のタグ付けをして、正しく保存されたように見えても、次に画面遷移したらそれが消えていたり、時間がたったら消えてい …