PowerAutomate

Twilio Lookup API を Power Automateで使う

投稿日:2024年5月10日 更新日:

やりたかったこと:

ネットサービスの初回購入者が申し込み時に入力した電話番号・・・それが存在するのか(嘘でないか)を、何らかの方法で検査したい。

やってみたこと:

Twilio Lookup APIを試し、電話番号の存在をチェックできるか調査。

具体的に:

Power Automateでフローを作る。HTTPのアクションを追加して以下のように設定。

URLは、https://lookups.twilio.com/v2/PhoneNumbers/+81電話番号 の形式。末尾に ?Fields=line_type_intelligence などを付けると、さらに詳しい情報が出る。

UsernameとPasswordには、Twillioのコンソール画面のトップに表示されるAccountd SIDと Auth Tokenを使う。

ブラウザから電話番号をURLの末尾に手打ちしてのチェックもできる。
(最初のみログイン画面が出るので、Twilioのアカウント情報でログインする)

わかったこと:
Twilio Lookup APIでは、電話番号の存在をチェックできない。
できるのは、国番号や、キャリアなど、以下の項目。

{“call_forwarding”:null
“caller_name”:null
“calling_country_code”:”81″
“country_code”:”JP”
“identity_match”:null
“line_status”:null
“line_type_intelligence”:{“carrier_name”:”Softbank”
“error_code”:null
“mobile_country_code”:”440″
“mobile_network_code”:”20″
“type”:”mobile”}
“national_format”:”080-4975-xxxx”
“phone_number”:”+81804975xxxx”
“phone_number_quality_score”:null
“pre_fill”:null
“reassigned_number”:null
“sim_swap”:null
“sms_pumping_risk”:null
“url”:”https://lookups.twilio.com/v2/PhoneNumbers/+81804975xxxx”
“valid”:true
“validation_errors”:[]}

得られた結果は、今回やりたかったことに資することはなかったが、TwilioのAPIの使い方が少しわかったので、いつか他のことで役に立つかもしれない。

-PowerAutomate

執筆者:

関連記事

PowerAutomateDesktopでダウンロードフォルダを指定する

意外と、Webの記事にダウンロードフォルダの指定の仕方について書いていないので、ここにメモ。 1.特別なフォルダを取得2.そのフォルダの文字列うち、最後の単語をDownloadsに置き換え ・・・とい …

Shopifyの注文情報をArigato AutomateionアプリとPowerAutomate経由でチャットワークに通知する

まずはPower Automate 側を作る。 トリガーはmanual。 HTTP URI は、自動で作られる。後でArigato Automationで使う。 JSONの解析をする。サンプルのペイロ …

Power Automate DesktopでCSVTableから重複行を削除する方法2つ

簡単なほう 1.最初の行から最終行まで「正順」にファイルを読んでいく2.直前と直後の行の、1列目のセルに相違があれば別ファイルに書き出す。3.重複を除いたファイルが「別名」でできる。・・・ってやりかた …

PADの正規表現を使った置換方法の一例

例えば、33-108083-5118085890242という文字列の中から、真ん中の108083を取り出したいとする。 1.最初のやり方(Like検索的な考え) 前方一致検索&置換と、後方一致検索&置 …

Power Automate Desktop + firefox 拡張機能が必要ですのエラー

今日、約ひと月ぶりにPADを最新版に更新したら、FireFoxで動かなくなった。EdgeとChromeはOK。 「power automate 拡張機能が必要です firefox」といったキーワードで …